最低日給保証のシステム

給料が歩合制であるということは、何もいいことばかりでもありません。働いた分だけ稼げるということは、逆にいうと働けなければお金は発生しないというわけです。とはいえ、それではさすがにリスクが大きすぎます。副業やお小遣い稼ぎ程度で風俗勤務を考えている人ならまだしも、生活のため、すぐにでも返さなければならない借金のためといった理由で働いている人ともなれば、死活問題にすらなりかねません。そういったケースを防ぐため、多くの風俗店ではうれしいシステムを導入してくれています。それが、最低日給保証のシステムです。

最低日給保証とは、基本は歩合制で働きながら、一定金額以下しか稼げなかった日でもその額までは保証してくれるといったシステムです。たとえば、2人しか指名が入らなかったため通常なら日給は15,000円であったにもかかわらず、最低日給保証30,000円のおかげで30,000円を持って帰れた、といった具合です。つまり、待機にさえ入っていれば出勤する以前から一定金額の支払いは決まっているというわけです。これなら、歩合制ならではのリスクはそこまで心配はいりません。

また逆に、最低保証額を超えた場合については、保証額プラスアルファで支払われるという点も特長的です。働く風俗嬢にとっては大きなメリットとなるシステムですので、利用できるようであれば使っておいて損はありません。